・てづくりや・3's mamaの日々

tedukuriya.exblog.jp

2013年 07月 30日 ( 1 )

大腸内視鏡検査のち注腸検査((((゜д゜;))))

あれは確か…3月初旬( ̄。 ̄)
かかりつけ医院の診療開始時間前の、まだ寒々とした院内で胃カメラ検査を受けました。

本日。
いつものかかりつけ医院の午前診と午後診の合間(要するにお昼休み)に、人生初の大腸内視鏡検査を受けてきました。

いや。別に検診で異常があったとか、特別どこか具合が悪かった…ってわけでもなく、ただ「早期発見」を心掛けて、自発的に検査予約をしたんですが…。

2日前からお腹に残らない食事(繊維物無し・消化の良い物を超軽めに)を心掛け、いざ!!2lの下剤と格闘。
嘔吐恐怖の悪い癖が出て来て、危うく挫折しそうになりながらも薬に助けられて何とかクリア。

予約の時間に病院に向かい、最終的な前処置をしてもらって検査室へ。
先生から「もし痛みが強くて無理な様なら注腸検査に切り替えれる様準備してますからね」と告げられるも、(何とかクリア出来るやんね?)と自己分析。
胃カメラと違い「口から入れてオェッ(||゜Д゜)」っというのがない分、緊張は少ないと思っていましたが、やっぱり初めての検査で不安があったらしく、検査開始後すぐに過呼吸に陥る……。
胃カメラの時なんか毎度のことなので何とか耐える。

カメラが入る瞬間はたいして違和感もなくてスルスル入りましたが、S状結腸という腸がヘアピンカーブになっている所で激痛(>_<)
まぁ、陣痛には劣るかな…位。
何とかそこを入ったものの、どうやら最後のカーブにカメラが入りきらない様子。この時点で私には痛みも苦しみもほぼない状態だった(なのに相変わらず過呼吸状態 笑 )ので、(その内入るわ^^;)位に考えていたのですが、どうやらそれ以上無理と判断が下され……

先ほどスルーした先生の言葉「注腸検査」に切り替え(||゜Д゜)
まぁ、気持ちのいい検査ではないけれど、とんでもない苦痛…という程でもなく検査は終了しました。

結果、直腸付近に軽い炎症はあるものの、大腸ガン等の発症を心配するような腸ではなくきれいだったとの事。
一安心しましたが、一つの検査を最後までやりきれなかったという後悔?無念?が残りました。

検査自体は胃カメラよりも断然マシ!!…というのが私の感想です(^^)
あそこまで行ったのなら、何とか粘れば最終地点までクリアできた自信があります。

もうしばらくはやりたくないですけどね(^^;)
[PR]
by meu-s-r-r-mama | 2013-07-30 21:23 | わたし | Comments(0)