・てづくりや・3's mamaの日々

tedukuriya.exblog.jp

Sweet10

2003年3月9日。
ちょうど10年前の今日、私と、赤の他人だった主人が夫婦になった日です。

楽しみにしていたウエディングケーキ。
披露宴後食べられるように、係の方が控室に持ってきてくれたんです。
それを・・・それを・・・私がドレスを脱ぎ、二次会用に美容師さんに髪の毛を整えてもらったり着替えたりしている間に、主人と、今は亡き父が二人でキレイに平らげてしまったんです!!
ケーキは食べたかったけれど、主人と父が控室で二人仲良くケーキを食べてくれたことが何だか嬉しくて、「有り得ん~o(><)o」と怒りながらも幸せ気分だった事を思い出します。

10年前の私に「10年後、美味しいケーキ食べれるきかまんやん(笑)」と言ってあげたい気分にさせてくれたケーキは、当然今回もmama sweetsさんです(^^)v

d0289161_22134182.jpg


そして、今日、私にはすごく嬉しいことがありました。

d0289161_22141168.jpg


この素敵なお花!!夕方、お花屋さんから届きました。
大切な友人二人が、私たち夫婦の結婚記念日のお祝いに・・・と贈ってくれたんです!!
いつもいつも私を支えてくれるMちゃんとMっち。
いつもいつもしてもらうばっかりな私なのに、いつも私の事を気遣ってくれる二人。
お花も嬉しかったけど、私は何よりも二人の気持ちが嬉しかった。
本当に本当にありがとう。




10年の間に私と主人は3人のこども達の親となり、父と母は6人の孫のじいちゃん・ばあちゃんになりました。
そして、思いもしなかった、父を失うという経験。
一人暮らしとなった母が心配で仕方ない毎日。
それでも、この10年があっという間だったように、今日からまた、これまでと同じように一日一日が過ぎていくのだと思います。

父を亡くしてからの母を見ていると、主人と一緒にいられる事がどんなに幸せで安心できる事なのかを痛感します。
主人と一緒に過ごせる時間を、永遠だと思ってはダメなんだと感じています。
なかなか、あからさまに感謝を表すことが出来ない私ですが、自分の中で感謝を忘れてはダメだと言い聞かせながら、また10年を過ごしていければ・・・と思います。



面と向かっては言えないので、いつか主人も見る時が来るかもしれないこのブログで・・・

Mくん、こんな気の強い、可愛げのない私をお嫁に貰ってくれてありがとう。
どうか、これからも愛想を尽かすことなく、私と共に日々を過ごしていってね。



追記:主人はどうやら今日の日を機に、禁煙をするらしいです(笑)
    父の事があってから、常に考えてくれていたみたいです。
    どうか、父の置き土産として、主人の禁煙が成功しますように・・・。
by meu-s-r-r-mama | 2013-03-09 22:11 | わたし | Comments(0)